オルニチン 味噌

オルニチンって味噌に含まれている?

味噌

 

健康志向の味噌汁が増えてきている!?

 

味噌の原材料は米、大豆、食塩ですが、最近は、だし入りが好まれるようになり、
さらに、「一杯でシジミ70個分」というような健康志向を刺激するような味噌汁が増えています。

 

本来の味噌にも原材料の大豆由来のオルニチンが含まれていますが、このように表記することで、
シジミの成分であるオルニチンがたくさん入っているような印象を受けますが、実際に成分として入っているのは発酵オルニチンです。

 

それでも、シジミ100個分、200個分というと、健康に良いものだという錯覚を起こしてしまいます。

 

安かな即席みそ汁でたくさんのシジミ成分が摂れると思ってしまいます。

 

販売が認められているということは、それだけの発酵オルニチンを摂取できるのは健康に良いという検証があってのことでしょう。

 

 

偏った情報に踊らされないように注意!

 

偏った情報が誤った健康志向を煽っているようにも見えます。
オルニチンの入った即席味噌汁に気を取られ、本来のだしを取って作られた味噌汁の他の栄養素を見失っています。

 

ミネラルや多くの微量の栄養素、そして、風味です。
自然の食品から得られる栄養素が、身体にとっても優しく、健康を害する可能性は低いものです。

 

科学的に作られ、優れたのもであっても、過激な競争で、過剰に配合されては、副作用が心配になります。

 

とはいえ、オルニチンをはじめ多くの酵素を含んだスーパーフードとして見直され、
各家庭で様々な食材を練り込んだ味噌玉を作り、ハンドメイドの味噌汁で食事を楽しむ方が増えているようです。

 

伝統的な良い食材が一工夫で、楽しく、美味しく頂けます。